着付け教室関連情報

HOME着付け教室で使う着物はレンタルと自前、どっちがいいの?

最終更新日:2017/11/20

着付け教室で使う着物はレンタルと自前、どっちがいいの?

着物を着る機会に巡り合った際に着付け教室に通い、自分で着付けをするという選択肢があります。着付け教室に通うとなると、着物はレンタルと自前ではどちらがいいのでしょうか。

初心者はまずはレンタルから始めてみる

日本の伝統衣装である着物は着ているだけで人々を惹きつける魅力があります。
昭和初期までは日本人の服装として身近なものでしたが、戦後から現代に至るまで着物を普段着にしているという方は少数派になり、着物に触れる機会は昔に比べるとかなり少なくなりました。

そのため着付けができるというのは特殊な技術と言っても過言ではないでしょう。

スーツやドレスと一緒で着物にも着用の仕方というものがあり、手順を守らないと美しい着こなしができません。また普段着に使う洋服とは違い、デリケートなものですので手順を知らない状態では着物を傷める原因にもなります。普段使いの洋服とは違い、着物は高価になることが多いので大事にしたいですし、綺麗に着こなしたいものです。

形から入るタイプの人は自前で用意することも考えるかもしれませんが初心者のうちはレンタルから始めるのがいいでしょう。

洋装とは違い、帯や足袋、着物用に肌着など揃えるべき小物が多いのと、普通の洋服とは違い大量生産されている訳ではありません。そのため1点1点同じものが似ているようで違うため高価になりやすい傾向にあります。

もちろん、着物もピンキリがあるので値段にも幅があり、普通の洋服と同じで高いから品質がいいとも限りません。色や柄の好みの問題もありますが着物について触れていない状態では明確な基準というものもないので迷ってしまうでしょう。

そのため、普段着にすると言うわけでもない限り、初心者がいきなり着物を一式揃えるのはハードルが高いと言えます。

着付け教室にはレンタルに対応している教室もある

また着物のレンタルに対応している着付け教室もありますので着付け教室に通うハードルは低いものになっています。実際に自前の着物を元から所有している人以外のほとんどの方は着物をレンタルして着付けを学んでいます。

レンタルで着付けを学ぶことで様々な着物に触れることができるので、コーディネートを楽しめるだけでなく自分好みの着物を選ぶ予行演習にもなります。

着付け教室によっては一式レンタルできるところとパーツごとにレンタル料がかかるところ、足袋や肌着など肌に直接触れる物はレンタルできないところもあるので着付け教室を選ぶ前に料金体制とレンタル可能なものを確認する必要があります。

実際に着付け教室に通ってみて着物の良さを知っていくうちに自前の着物が欲しくなってから揃えても遅くはありません。まずは着付け教室に通って着付けの仕方をマスターしてみましょう。

着付けの仕方をマスターしたら購入を考えてみる

着付けの仕方がわかってくると着物の購入に興味が湧いてくるかもしれません。着付け教室の中には呉服屋や問屋が開催しているものがあり、着物の選び方をサポートしてくれるところもあります。そうではない場合でも講師の方にアドバイスを求めることができます。

着物は高価な買い物になることが多い上、専門的なことを知っている必要があります。着付け教室で学んだことを活かした上で、着物についての専門家でもある講師の方のアドバイスに沿うのが着物の購入に失敗しない大事なポイントになります。
気に入った着物を購入できたらそのあとの着付け教室でも新鮮な気持ちで取り組めるし、着物を着ることが楽しくなってくるでしょう。

子供の着物は成長にあわせてレンタルにする

子供の成長を祝うイベントでは伝統に基づいたものが多くあります。七五三や端午の節句、成人式や大学の卒業式に結婚式などで振袖や袴など日本の伝統的衣装を着る機会は意外に多いものです。

着物を着ることで普段とは違う子供の一面を見ることができる上に思い出も色彩豊かなものになります。

子供の着物についてレンタルで済ますか自前で揃えるかを考えた時に、大人の着物を選ぶ場合と違って成長を考えないといけません。

子供の成長は早く、あっという間に着られる着物のサイズも変わってしまうのでレンタルで済ますことが多いですし、自前で揃えるよりも金額を安く済ませることができます。

着物は一生もの!だけど最初はレンタルから

着物は一生をかけて着られますが、だからといって無理に購入するのではなく、慣れるまではレンタルで済ませましょう。
慣れてきたタイミングで購入することで、無駄もないうえに、さまざまな場面に着て行きやすくなります。

一覧はこちら

おすすめ着付け教室

TOP