着付け教室関連情報

着付け教室の徹底比較情報まとめ着付け教室でよくあるクレームについて

最終更新日:2017/11/20

着付け教室でよくあるクレームについて

英会話やダンス、料理など、習い事にはたくさんの種類がありますが、なかでも着付け教室にはクレームが集まりやすいです。
そこで今回は、着付け教室によく寄せられるクレームについて、実際の例5つと、その原因についてご紹介いたします。自分が被害に遭ってからでは手遅れの場合もありますので、事前にクレーム内容を確認し、このような被害に遭わないように慎重に着付け教室を選ぶようにしましょう。

1. カリキュラム内容と目的が違っていた

着付け教室に通う人は多くの場合「自分で着物を着つけられるようになりたい」という目的を持っています。着物を1人で着つけられるようになれば、より気軽に着物でお出かけできます。

しかし、着付け教室のカリキュラムでは自分の着付けを教えたあとに他人の着付けを教えるようなものがたくさんあります。人に着付けをする場面がない方にとっては不要な技術です。

また、浴衣や訪問着などの気軽な着物の着付けを習いたいのに振袖の着付けや特殊な帯の結び方など、不要な知識を教えられる、その分高額な料金を請求されるなどのクレームは非常に多いです。
カリキュラムの内容を事前にすべて教えてもらい、不要なコースには加入しないことが大切です。

2. 必要のない高額な資格を取得させられた

着付けを習っていると着付け講師○級、お免状などの資格を取得しないかと進められます。この資格は進級するごとに高額な費用が必要です。
着付け教室ではこの進級に関する料金は明記されていないことが多く、実際に資格取得、進級の段階になって初めて料金を知るというケースも少なくありません。
その資格は本当に必要なのか、資格を取得しておくことでどんな役に立つのかをきちんと説明してもらい、納得できるか検討してみてください。

3. 着物を購入しないと着付けを教えてもらえない

着付け教室の中には、受講料が格安の代わりに着物をその着付け教室から購入しなければならないというスタンスを取るところもあります。
ホームページや最初の資料には明記されておらず、入学金を支払ってからこの説明を受ける場合もあります。受講料が安くても高価な着物を買わされるのでは意味がないので気をつけましょう。

押し売り、詐欺だというクレームが多いのは、このような着付け教室の被害に遭う方が多いためです。格安の受講料を掲載している着付け教室には裏がないか、事前に確認してみましょう。

4. セミナーや即売会で着物を押し売りされた

着物の着付け教室は、着付けの方法だけでなく着物に関する知識を深められるセミナーへの参加や、着物を購入できる即売会に参加できるなどの特典があります。

しかし、このセミナー、即売会に参加する際は注意が必要です。
着物の知識がないために不要な着物を売りつけられた、無理やりローンを組まされたなどのクレームは非常に多いです。
着物は一般的には高額な買い物ですが、その価格が適正なものであるか、今購入する必要があるかを冷静に判断しなければなりません。
事前に予算を決めておくことや、友人と参加するなどして、被害に遭わないように注意しましょう。

5. 講師の態度が横柄だった

着物の着付け教室のクレームの中でも多いのが講師の態度が横柄だったというものです。
上から目線であれこれと指図や嫌味をいわれる、ほかの生徒の前で恥をかかされるなどのクレームが多く、問題になっています。

また、着付け教室の即売会で着物を買わないと講師の態度が一変する、着付けを教えてもらえなくなるなどの問題も起きています。教えてもらいたいからと無理やりに高い着物を買うことで、より問題が複雑になってしまうケースもあります。
このような場合は消費者センターなど、第三機関に相談して解決してもらうようにしましょう。

着付け教室でクレームが発生するのは教室と生徒の認識のズレ

着付け教室でクレームが発生するのは、開催する教室側と参加する生徒側との認識のズレが原因です。たとえばカリキュラム内容と目的が違っていたといった内容は、教室側が前もってどのような内容を教えるかを明示していれば避けられます。また、着物を購入しないと着付けを教えてもらえないといったクレームも、参加条件として明記しておけば、無用なクレームには発展しません。

このような両者の認識のズレを解消するためにも、開催告知は詳細に記載しましょう。

着付け教室のクレーム内容をチェックしてみましょう

着物の着付け教室にはさまざまなクレームが寄せられています。被害に遭わないためにも事前にどんなクレームがあり、どんな対策ができるのか考えておきましょう。

また、現在着付け教室で悩んでいることがある場合は上記のクレーム内容にあてはまるかどうか考えてみてください。自分以外にも、同じようなことで悩みを抱えている方がいるかもしれません。泣き寝入りせずに、きちんと解決するようにしましょう。

一覧はこちら

おすすめ着付け教室

TOP