着付け教室関連情報

HOME和の心を学べる着付け教室

最終更新日:2017/11/20

和の心を学べる着付け教室

紺色の着物

着物を着る機会が減ってきている現代において、改めて着物を着るということは、自分はまさに日本における和を感じさせる雰囲気を発しているといえるでしょう。
駅などで着物を着ている人がいると、意図せずして視線がそちらにいってしまうことはありませんか。
しっかりと着こなしたその佇まいは何だか異質のようで、それでいて美しいとも感じさせる不思議な魅力があります。
そして同時に見ている人に不意に「和」の心を思い出させてくれるかのようです。
ですがその和の心は見ている人だけでなく、着物を着ている人もまた思い出すべきことかもしれません。
着付け教室ではそんな和の心を学ぶ機会を設けているところがあります。
せっかく着物を着ているのだから、それに見合ったシチュエーションも学ぼうという心意気なのでしょう。
着付けを終えた後、茶の教室を設けるレッスンがあれば、着物を着たままお出掛けをするレッスンもあります。
茶の教室の場合、よその茶会に招かれたというシチュエーションを想定し、どのように振る舞えばいいのか、そんな作法なども一緒に学べます。
これにより茶会で恥ずかしい思いをせずにすむだけでなく、茶におけるわびさびの一端に触れることで日本人が忘れかけている和の心を思い出すことが出来るでしょう。
またお出掛けの際には先述したように、自然と周りの人の注目を集めることがあるかもしれません。
その際に所作がおかしかったり、移動しているうちに着崩れしていたりすると不格好に見えてしまいます。
それでは和の心云々の前に、ただ恥ずかしい思いをするだけでしょう。
着付け教室のレッスンではそうしたお出掛けの際に気をつけることや、着崩れしないための着方を学ぶことが出来ます。
一度お出掛けのレッスンをすることで自分のクセを見てもらい、それを修正する方法を指導してもらえる良い機会を得られます。
そしてただ出かけるための作法というだけでなく、出かける場所に合わせた着こなし方も着付け教室で詳細を学べます。
講師から出かける場所に合わせた着物の柄、色、そして合わせ方着こなし方などを学べます。
更に場に合わせた立ち居振る舞いも覚えていけますので、より自然な形で和服美人を演出することが出来ます。
ただ自分で選び、着こなすだけでは見えてこないものも、人から指摘されることで気づくこともあるでしょう。
そうしたものも学びとり、自分の糧とすることでどこにいっても恥ずかしくない人になります。
しっかりとレッスンを行うことで、自然と和の心を備えた和服美人となることでしょう。

一覧はこちら

おすすめ着付け教室

TOP