着付け教室関連情報

着付け教室の徹底比較情報まとめ着付け教室でトラブルに遭わないために!対処法まとめ

最終更新日:2017/11/20

着付け教室でトラブルに遭わないために!対処法まとめ

無料体験など人気な着付け教室は習い事としても注目されている一方で、どのようなトラブルがあるのか不安に思われる方もいます。
ここでは着付け教室でどのようなトラブルがあるのか、対処法について詳しく説明します。

着付け教室でのトラブルを避ける5つの対処法

着物を身近に触れられる着付け教室は無料の物もあり、多くの方に注目されています。しかし、着付け教室といってもトラブルが起こる場合はあり、その対処方法について把握していきましょう。

1. 展示会・セミナーへの勧誘・着物や小物の購入の誘導に注意

着付け教室の中には着物や小物の購入を誘導する教室もあります。そういった教室には断固として物を買わないように、誘導しても流されないように気をつけましょう。

着物教室に通っているうちにセミナーや展示会に誘われることもあるでしょう。展示会で着物や小物がどのようなものがあるのかと見るだけと思っていても、いつの間にか高額な商品を購入することになってしまって後悔するという方もいらっしゃいます。そういったことにならないようにまず、大切なのは通う前にどのような着付け教室なのかを把握することです。強引な販売があるかどうかなどをしっかりと聞いてから教室に入会するようにしましょう。

2. 着物や帯のレンタルがない教室に要注意

着付け教室を通う中で着物や帯、肌襦袢など必要なものをそろえる必要がありますが、中にはレンタルを希望すれば、お安く借りられるところもあります。自分で持っていないから通えないというわけではなく、レンタルを利用し、着付けを学ぶ中で自分から欲しいと思って購入したいという方もいらっしゃいます。

そのため、着付け教室を選ぶ前にレンタルがあるかどうか、資料やHPで確認するようにしましょう。また、レンタルの場合はどのくらいの費用が掛かるのか?返す際にクリーニングが必要なのかなど詳しく尋ねるようにしましょう。
そういった情報を基に通う教室を見つけることでトラブルの回避につながります。

・・3. 資格や免許の取得の際に費用が高額

教室に通い、着物の資格や免許を取得する方はたくさんいらっしゃいます。しかし、その費用が思ったよりも高いという教室は注意が必要です。そのため、自分がいざ、免許を取得したいと思った場合に高額な請求になってしまわないかどうかをしっかりと把握しておく必要があります。

4. カリキュラムの内容を十分把握しておくこと

着付け教室に通う際にカリキュラムというものがあり、そのカリキュラムにそって着物の着方だけでなく、帯の締め方など様々なものを学んでいきます。
しかし、そのカリキュラムもその教室によって形式は様々なので、期間と内容について事前に詳しく教えてくれるところがおすすめです。HPで詳細が記載している場合や電話で丁寧に教えてくれるところもあるので、ぜひ尋ねてみてください。
中にはカリキュラムが長くて、自分の意に添わずにすべて通いきれなかったというケースもありますので、しっかりと自分に合うかどうかを把握してから通うようにしましょう。

5. 教室の生徒人数と先生の人数の確認が必要

着物の着付けだけでなく、下着の着方や帯の締め方など様々なことを学ぶ着付け教室なので、先生の人数もしっかり確認する必要があります。なぜなら、生徒の人数が多い中、先生が少なければ、どのように着ればよいのかしっかりと最後まで学べない可能性もあるからです。着付けは見ているだけでは難しく、中にはしっかりとひとつひとつ丁寧に教えてくれなければ、なかなか先に進めないという方もいらっしゃいます。
そのため、先生の人数がしっかりと確保されているレッスンを選ぶように事前に確認するようにしましょう。

【まとめ】

着付け教室を選ぶ際は事前確認でトラブル回避

着付け教室を選ぶ際に大切なのは、まずはその教室がしっかりと信頼できる教室なのかどうかということです。特に着物の初心者の方は、何もわからないまま入会してトラブルに巻き込まれてしまったというケースもあるため、事前にどのような教室なのか情報を収集しておきましょう。優良な信頼できる着付け教室で楽しく着付けを学んでいきましょう。

一覧はこちら

おすすめ着付け教室

TOP